国産オープンカーの金字塔!マツダ・ロードスターRFはここが凄い!

ndロードスター マツダ

1989年、「だれもが、しあわせになる。」というキャッチコピーを掲げ、ユーノスブランドで誕生した初代ロードスター。

そのデビューから30年を迎え、国産きってのFRオープンスポーツカーとして、ダウンサイジングと徹底した軽量化を施し、よりスポーツ性に磨きをかけた「走りの爽快感」を体現して登場したのが、マツダが誇る国産オープンカーの金字塔「ロードスターRF」です。

2.0リッターの直4エンジンに1トンを切るほどの軽量ボディ、ルーフ開閉時のスタイリングの美しさと、オープンモデルならではの爽快感溢れる走りの見事さは、老若男女問わず胸躍らせる魅力が詰まったクルマだと言えます。

今回は、誕生30周年を迎える国産オープンカーの金字塔「マツダ・ロードスターRF」の最新画像とレビューをお届けさせていただきます。

スポンサーリンク

ロードスターRFは爽快な吹け上がりと加速力が大きな魅力!

全長3,915mm×全幅1,735mm×全高1,245mmと、ロングノーズ&ショートデッキスタイルを強調し、エントリーモデルのロードスターよりもスタイリッシュな作りが魅力のロードスターRF。

マツダ・ロードスターが1.5リッター直4エンジンであるのに対し、アメリカ版ロードスター同様の2.0リッターエンジンを搭載することにより、余裕のあるパワーと加速力を実現しました。

1.5リッターエンジンのレッドゾーンまでブン回せる出力仕様ではありませんが、排気量の余裕による安定した吹け上がりと加速力が備わり、常に一定の感覚で走れる扱いやすさが大きな特徴となっております。

こういう表現をするとやや誤解が生まれてしまいそうですが、安定感イコール鈍重さではなく、軽量ボディによる恩恵が加速力を後押し。

ロードスターの得意とするワインディングはもとより、高速道路やサーキットなど、開けた場所での全開走行でも十分なトルクと力強さが感じられます。

より強力なエンジンと軽量ボディ、そして安定性が加わった新型ロードスターRFは、初代から初めて触れる新旧ロードスターファンまで、万人を満足させうる実力を持った期待の一台です。

新型ロードスターRFは高級クーペの優雅さとオープン時の爽快感が魅力!

今回搭載された2.0リッターのSKYACTIVE-G2.0の安定感が大きな特徴となったマツダ・ロードスターRFですが、ロードスターシリーズ最大の魅力といえば、ルーフ解放時に体感できる極上の爽快感。

先代のNC型よりも105mm短くなった新型ロードスターRFは、ルーフ収納域が緻密に計算され、ロードスターならではのボディラインの美しさをキープ。

ボリューム感のあるフロントフェイスより、テールエンドにかけての一体感あるスタイリングで仕上げられております。

これだけでも美しさの面では合格点ですが、FRスポーツカーとしては剛性問題も避けては通れません。

しかし接合技術の向上とともに、ボディ剛性もしっかりと強化。

ややもすると路面ギャップなどを拾いゴツゴツした乗り味となってしまうFRの弱点を克服。

程よい柔軟性とどこかレーシーなハードさが高いレベルで両立されており、ワインディング時のしなやかな感覚は歴代ロードスターの中でも間違いなく最高レベルだと言えます。

オープンモデル特有のルーフ解放時の風の巻き込みもなく、頬を撫でる風と共に楽しめる爽快な走りはもとより、クローズ時の静粛性も大幅にUP。

アルミ製のフロント、スチール製のミドル、樹脂製のリア部とブロックごとに三つの異なる素材を仕様することで、利便性と気密性を改善した点が実にGOOD。

この構造により、ハードトップロードスターにありがちな室内空間への不快なノイズをシャットダウンし、高級スポーツクーペ並の優雅な走りが楽しめる点も見所の一つです。

高級クーペの優雅さと、オープンルーフ時の爽快さが同居した新型ロードスターRFは、一粒で二度美味しいお買い得なスポーツモデルだと言えるでしょう。

新型ロードスターRF・室内空間の快適さは?


(引用:MAZDA 公式webサイト)
ドライブする楽しみを追求した新型ロードスターRFですが、快適な走りを楽しむには室内空間も重要なポイントの一つです。

この点においても流石はマツダ、2シーターの限られたスペースながら、開放感とホールド感のバランスが取れた程よい快適さがあり、閉塞感を感じさせないのが特徴となっております。

FR+2シーターという構成上、どうしても室内空間が限られてしまうのがロードスターシリーズの泣き所でしたが、小型化したことを感じさせない機能的なレイアウトにより、ドライバーの動きを妨げないゆとりを持って作られております。

ややダークなパッケージングとなったコックピット周りは、上記画像の通り使い勝手を重視した作りであり、人体工学上の理にかなったもの。

運転に必要な全ての操作がごく自然な形で行えるよう機器類が配置され、直感的に乗れるのが大きな特徴となっております。

その分、助手席側はシンプルすぎるほどシンプルな作りですが、視認性の広さも申し分なく、スポーツカーとしての本質を抑えた作りであると言えます。

そしてコンソール中央に配置された最新の「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」により、ネットラジオの受信からハンズフリー通話、カーナビゲーションといった機能を網羅している上、精度が高められた音声認識機能などのサポート機能により、前方から視線を外さずに各種アシストが利用できます。

自動運転機能の開発競争に伴い、より一層の高い安全性の確立が求められる自動車業界において、国産オープンカーの頂点の座にあぐらをかかないこの姿勢は、ドライバーにとって大変ありがたい配慮だと言えます。

マツダが提唱する「走る楽しさ」だけではなく、運転時の快適性をも両立したマツダ・ロードスターRFは、あらゆる点が見直された総合力の高さが自慢の歴代最高モデルだと言えるでしょう。

スポンサーリンク