プジョー407(407SW)を査定|高価買取してくれるオススメ買取店!


http://www.carsensor.net/catalog/peugeot/407/

プジョー407(407SW)を買取して貰うならズバット一括査定がオススメ!

>>ズバット一括査定で無料査定してみる

斬新フォルムの407(407SW)が狙うプジョーの未来

プジョーの車作りの方向性が変化しつつある、というよりも、その変化が新しい407で決定的になりました。過去日本にプジョーが輸入されて以来、プジョーというメーカーはどちらかと言えば保守性を重んじるメーカーでした。

ライバルのルノー、そして同じグループのシトロエンなどは、昔からアバンギャルドな性格を表し、大胆な車をつくることで知られていました。特にシトロエンはその通りです。

最近のルノーデザインも、アバンタイムやメガーヌを見るまでもなく非常に斬新です。そんなアbさんぎゃるどなイメージをプジョーが持ち始めました。

発端となったのはいうまでもなく206です。それが307で顕著になり、今回の407で決定的になりました。

さすがにハイドラクティブのような凝り固まったメカニズムこそ採用していないものの、今回407に採用された左数ペンションはプジョーにとってかなりだいたんで革新的なレイアウトと言えます。

フロントにダブルウィッシュボーン、リアにマルチリンクを採用しています。フロントはマクファーソンストラットからの変化。そしてリアは同じマルチリンクですが、今回は巨大なアルミ製サブフレームにマウントされているもので、ダンパーは大きく寝かされそのサブフレームに埋まるように付きます。

イメージとしては、BMWのセントラルアームアクスルの様です。

プジョー407(407SW)は走行性能も快適そのもの

そしてこのサスペンションがもたらしたプジョーの乗り味もまた大きく変わりました。

これまでのフランス車の乗り味と言えば、どのメーカーも基本的にサスストロークを大きくとり、リバウンド側の動きをゆったりさせることで、路面の凹凸をやんわりといなす快適な乗り味を身上としてきました。

しかし、今回407に乗ってみますと、そんな印象は姿を消しています。とりわけサスストロークは従来と比べると短く感じられます。

この点についてメーカー側に質問しても確かな答えは返ってきませんでした。

リバウンド側のゆったりとした動きも姿を消しています。これまでのそうした独特のサスセッティングは、スピードはせいぜい160km/h未満なら快適で不満はありませんでした。

しかし、それを超えると動きが付いてこない。ところが今度のサスペンションは200km/Lを超えても確実に快適で安定した動きを示します。依然として乗り味は快適ですが、それは短い新幅の中で実現されているからです。

スタイリングについてはフロントオーバーハングが長く感じられます。また、サイズ的には全体的に低く長く広くなっています。

ただ、それでも室内空間は特にリアで狭くなったと感じさせるところに問題があります。

そしてドライブトレーンですが、エンジンは既存のプジョーラインナップからのチョイスで、日本には2.2L直4と3LV6がやってきます。どちらもATですがV6用にはあらたに6ATが採用されて、顕著な進化がみられます。一方直4
用にはエンジンの軽快性はすこぶる良かったのですが、組み合わされるATはこれまでも406の2Lに装備されたAL4と呼ばれる4ATです。大きな改善を期待したいところですがその面では少し不安があります。

プジョー407(407SW)はスタイリングと内装、収納スペースも充実

良くも悪くも独特なスタイリングが内装面では目が引きます。しかし、現実的には大きく変わった走りこそが407の特徴です。路面にピッタリと張り付いてボディだけがゆったりと動く浮遊感のある乗り味こそなくなったものの、プジョーは新しい動質を追求した印象が強くなっています。サスペンションストロークも短いですが、その中でもろめんのアンジュレーション(うねり)をボディに伝えない動きはさすがです。3Lに装備された6ATも、思いのほか魅力的なフィーリングです。

スタイリングはキャラクター色を強く押し出したスタイリングが特徴のプジョー407。従来からのプジョー車に見られたしなやかなライド感は影をうすめ、カッチリ感のましたスポーティな乗り味を旨みとしています。2.2L直4、3LV6モデルの日本導入が予定されています。

プジョー407(407SW)中古車販売相場

プジョー407SWの中古車販売相場は45万円~100万円です。

走行距離が過走行のものはかなり安い相場になっています。しかし、走行距離が5万キロ以下のものについては100万円前後の買取価格がついています。

プジョー407の中古車販売相場は40万円~100万円です。

こちらも407SW同様で過走行のものほど買取価格が安くなっています。

プジョー407(407SW)中古車買取相場

プジョー407、プジョー407SWともに10万円~70万円が中古車買取相場になっています。

走行距離が浅い、レザーシートなどの条件が重なる場合は70万円に近い買取をして貰うことが可能です。

ただ、プジョーに弱い買取店に査定して貰うと買いたたれてしまうことがあります。必ず複数の買取店に査定して貰って買取価格を競争させて、高額で買取して貰いましょう。

愛車を高く売りたい方には無料一括査定がおすすめ

車の無料一括査定は、複数の買取店に一気に同時査定することができるサービスです。

複数の買取店が買取価格の競争をするため、ディーラーで下取りしてもらうよりも確実に高く売ることができます。

一括査定サービスの中でも業界最大手のズバット車買取比較は、最大10社から一括査定が受けられます。

管理人がステップワゴンを売却した際も他の一括査定サービスよりも高い金額で買取されました。

入力は1分で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

>>ズバット車買取比較でお試し査定してみる