アルトターボRS買取価格相場 | 高額査定で売却する方法!

アルトターボRS スズキ

アルトターボRSを査定するならズバット一括査定がオススメ!

>>ズバット一括査定で無料査定してみる

アルトターボRS買取価格相場

 

車 種
アルト ターボRS
平均買取価格
809,214円
年 式 走行距離 修復歴 買取価格
H28
(2016)
7,000km なし 1,050,000円
H27
(2015)
91,000km なし 750,000円
H27
(2015)
193,775km あり 450,000円
H26
(2014)
70,000km あり 589,000円
H27
(2015)
100,860km あり 518,000円
H27
(2015)
174,000km なし 399,000円
H30
(2018)
10km なし 1,158,000円
H27
(2015)
20,000km なし 998,000円
H27
(2015)
135,000km なし 458,000円
H30
(2018)
10km なし 1,158,000円
H30
(2018)
1km なし 1,343,000円
H27
(2015)
17,000km なし 1,030,000円
H27
(2015)
13,000km なし 1,098,000円
H28
(2016)
28,000km なし 1,080,000円

愛車を高く売りたい方には無料一括査定がおすすめ

車の無料一括査定は、複数の買取店に一気に同時査定することができるサービスです。

複数の買取店が買取価格の競争をするため、ディーラーで下取りしてもらうよりも確実に高く売ることができます。

一括査定サービスの中でも業界最大手のズバット車買取比較は、最大10社から一括査定が受けられます。

管理人がステップワゴンを売却した際も他の一括査定サービスよりも高い金額で買取されました。

入力は1分で終わり、すぐに高額査定の会社が分かります。

ズバット車買取比較

200社以上の中から最大10社を選択して車を査定することができます。全国対応&スタッフの対応も良く、一括査定サービスの中で一番高く売れる可能性が高いサービスです。また、10年以上の運営実績があって、東証一部上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー

1000件以上の買取店と提携していて、全国で高く買取される可能性が高い一括査定サービスです。都市部以外の買取店と多く提携しているので、首都圏以外の方は高く買取される可能性が高くなる一括査定サービスです。

かんたん車査定

JADRIという中古車を健全化する団体に入っている買取店とのみ提携しているのが最大の特徴です。安心できる買取店のみと買取交渉ができます。ただ、その分選べる買取店が少なくなってしまっています。

アルトターボはAGS搭載のスポーツモデル

アルトターボRSはAGS(オートギアシフト)が設定されているスズキ初のAGS搭載スポーツモデルです。

最大トルクが98N-mで、車体重量は670kgとアルトワークスと変わらない重さになっています。

アルトターボRSはエンジンのレスポンスが良く、Dレンジのままでもスポーツ走行が可能です。

軽いスポーツ走行は可能ですが、サーキット走行になると少し反応にダルさを感じます。

また、急旋回ではステアリング操舵量が大きく、パドル位置が左右反転してしまって操作性に劣ります。

その対策として、シフトレバーでの変速をすると片手運転になってしまい、パドル装備の意味に反してしまいます。

パドルはステアリングコラム固定式の方が運転しやすい印象が足ます。

アルトターボRSにはESP(電子制御横滑り装置)が装備されています。

この機能はOFFにできますが、フルブレーキでABSが作動するとESPが自動的に復活してしまうため、路面温度が低い状態のサーキット走行では注意が必要です。

かなり姿勢が不安定になってしまうため、スピンを引き起こしてしまいます。

また、サーキットで高横Gの走行の際不安定な挙動になってしまいます。コーナーによってはセーブが必要になります。

アルトターボRSは足まわり、出力特性ともにワークスより穏やか

アクセルのスロットル特性はアルトワークスよりも素直な特性です。

自然な走行フィーリングという点ではワークスより優れています。

峠やワインディングなどで繊細なコントロールを行う場合はRSの方が乗りやすい特性があります。

ただ、AGSがフルスロットルだと若干滑ってしまってダイレクト感が失われますので、全開加速はワークスの方が優れているといえます。

足回りではアルトターボRSはKYB製のダンパーを採用しています。これはアルトワークスと共通です。

しかし、ワークスはデグレッシブ特性(ショックアブソーバーの減衰力特性。低速域では高い減衰力を発生させ、高速域では抑える特性。)アルトターボRSはリニア特性の減衰力を選択しています。

ワークスのダンパーはピストンスピード低速域で、RSに比べて2倍の減衰力を発生しています。

高速域はRSと変わらない減衰力となっています。

アルトターボRSでサーキットを走ると対角線上のロールがどうしても大きいところが気になります。

車のロールをできるだけ発生させないように、静かに乱捕りを考えてそーっと運転する必要があります。

スポーティとは言い難い動きですが、一般的な軽自動車に比べれば十分に引き締まっています。

一般道であればアルトワークスよりアルトターボRSの方がしなやかな特性で、高速域でも乗りやすく快適です。

ブレーキのタッチはRSの方がゆるやかなブレーキングフィール。

街乗り+αであれば問題なくこなせるブレーキ性能を備えています。

アルトターボRSのエンジンは信頼のR06A型

エンジンはR06A型。スズキのターボ車に採用されているエンジンで信頼性も十分。k6エンジンは15万キロ程度でタペットなどのトラブルが出ることが多かったですが、このエンジンは耐久性が高く、さらに軽量に作られているので安心です。

64psの最高出力と98Nmの最大トルクの直列3気筒DOHC 12バルブターボエンジンを横置きで搭載しています。

アルトターボRSのエクステリアデザイン

エクステリアデザインは圧巻そのもの。個性的なデザインで街中を走っていると思わず「アッ!」といってしまいそうなデザインは秀逸。

アルトの初代に遡ったような旧車風のデザインは独特で、他の車種とは明らかに差別化が図られています。

サイドビューもオーバーフェンダー風のホイールハウスや、斜めに切れ上がったウインドウなどアルトターボ独特。

ホイールもワタナベ風のホイールを装備していて、引き締まっています。

リアビューはさらに特徴的で、ブレーキランプ、ウインカーバックランプなどがすべて下に固まったデザインとなっていて、渋さを感じさせます。

アルトターボRSのインテリアデザイン

シートはアルトターボRS専用で縦のラインが入ったスポーティなシートを採用。実はこのシート、着座位置がアルトワークスより低くつくられていて、アルトワークスよりレーシーなアイポジションになっています。

インパネ周りは黒を基調として、エアコン吹き出し口には赤のアクセントをつけています。

この配色によってよりレーシーな雰囲気が醸し出されています。

アルトターボRSはカスタムパーツも豊富

基本的にアルトと同じ構造ですので、ワークスの部品もそのままつけることが出来ます。

このため、足回りからエンジン回りまでパーツは豊富。

自分好みのカスタムが可能です。

アルトターボRS中古車販売相場

100万円~160万円程度が相場になっています。

ほとんど値落ちしていない状態ですので、高値で推移しています。

アルトターボRS中古車買取相場

80万円~140万円が買取相場になっています。

アルトワークスが発売したことで若干相場が下がりつつあります。

乗り換えなどでアルトターボRSを乗り換える場合は、早めに売却することをオススメします。

1社のみの査定だと買い叩かれてしまう場合がありますので、必ず複数社に査定して貰いましょう!

ズバット車買取比較

200社以上の中から最大10社を選択して車を査定することができます。全国対応&スタッフの対応も良く、一括査定サービスの中で一番高く売れる可能性が高いサービスです。また、10年以上の運営実績があって、東証一部上場企業が運営しているので安心です。

カーセンサー

1000件以上の買取店と提携していて、全国で高く買取される可能性が高い一括査定サービスです。都市部以外の買取店と多く提携しているので、首都圏以外の方は高く買取される可能性が高くなる一括査定サービスです。

かんたん車査定

JADRIという中古車を健全化する団体に入っている買取店とのみ提携しているのが最大の特徴です。安心できる買取店のみと買取交渉ができます。ただ、その分選べる買取店が少なくなってしまっています。